ディープチェンジファイヤー(DCF)は、男性のモテボディを作るためのサプリメントとして話題ですが、ビルドマッスルHMBというサプリメントも人気が高いです。

こちらでは、ディープチェンジファイヤー(DCF)とビルドマッスルHMBにはどのような違いがあるのか、比較してみました。

公式サイトをチェックしてみると、ディープチェンジファイヤーは細マッチョになれるイメージ。

ビルドマッスルは、ディープチェンジファイヤー(DCF)よりもムキムキな筋肉を作るために効果が期待できそうというイメージなのですが…。

まず、成分を比較してみました。

ディープチェンジファイヤーの主な成分は温活成分。

つまり体を温め代謝を上げるための成分、具体的にはカテキン、ブラックジンジャーやカルニチン、チロシン、カフェイン、カプサイシン、黒コショウエキス、コレウスフォルスコリなどが配合されています。

一方ビルドマッスルは、筋肉を作る主なアミノ酸であるHMBという代謝物質が1500㎎も摂れるサプリメントです。

他にも燃焼アミノ酸BCAA、回復アミノ酸グルタミン、吸収力を高めるバイオぺリン、燃焼サポートフェヌグリーク、男性パワーの源となるトンカットアリ、筋トレブースターとなるシニュリンPFなども配合されています。

なので、公式サイトのイメージ通り、よりムキムキなボディを目指したい人は、ビルドマッスルのほうが良いかもしれません。

1日の飲む目安量とは、ディープチェンジファイヤーは1日3~6粒、ビルドマッスルは4粒~8粒となっています。

価格は、どちらも定期購入がお得になっています。

ディープチェンジファイヤーの定期購入は、初回370円、2回目からは4275円、継続回数の縛りナシ、返金保証アリという内容です。

ビルドマッスルは、初回500円、2回目からは5925円、返金保証アリとなっています。

なお、ディープチェンジファイヤーについてさらに詳しくご覧になりたい方は「ディープチェンジファイヤー(DCF)を市販している販売店を探せ!」の記事でお伝えしていますので参考にしてください。